アラフォーだけど人生まだまだ挑戦していくよ!「レビュざえもん」で検索してネ!

30代 40代で転職を考えている人に知って欲しいこと

私は39歳で警察官を退職し、マッサージ店で働きながら鍼灸の専門学校へ通う生活を選択しました。

私の経歴については↓をご覧ください!!

reviewzaemon's blog

以前はてなブログで記事を投稿していた時に少し触れたのですが、私が公務員を辞めて鍼灸の道へ進む事をきめ […]…

今はとりあえず生活して行けています。

しかし、勢いだけで退職して、やりたいことを見つけて飛びついたわけではありません

世間では「前向きに行動することは善」「辛くても耐えることは情弱」というような風潮を感じます。

しかし30代40代の方がこの風潮を受けて、勢いで仕事を辞めてしまうことは危険です。

私の経験からではありますが、30代40代の方が転職・退職する前に知っておいて欲しいことをご紹介しようと思います。

転職・退職前に考えて欲しいこと

お金のこと

まず最初に考えるべきはやはりお金です。

結論から先に言うと、少なくとも仕事をしなくても最低1年は生活していけるだけの貯金は必要です。

住宅ローンもしくは家賃、光熱費、通信費、税金、保険、食費、これらをゼロ収入、もしくはアルバイト等の収入で一年生活しても補填できるだけのお金は必要となってきます。

ある程度のチャレンジに失敗してもやり直しのできる若い世代とは違い、30代40代には現実的に選択肢に制約がでてきます。

独身であれば自由にできるかもしれませんが、配偶者がいて子供がいて、となると自分の夢を追い求める為だけに転職・退職するのはリスクが大き過ぎます。

○転職して収入が減ったとしても生活水準に大きな影響を与えずにやっていけるか?
○退職して、収入が得られるまで生活できるのか?
これをクリアできるだけの貯金がないのであれば、転職・退職は見送った方が賢明ではないかと思います。

将来のビジョンは見えているか

明確な将来の展望がなく転職・退職するのは避けた方が良いでしょう。

毎日満員電車に揺られるのは嫌だ」「職場と家の往復だけの人生は嫌だ」と言う理由だけで行動に移すのはやめた方がいいでしょう。

30代40代の社会的に中核をなす世代の人間が、上記理由で仕事を変える、辞めるのは少し幼稚です。

将来の明確なビジョンがあり、それを達成するための具体的な計画、家族の理解があって初めて行動に移すべきです。

これらの要件さえ満たせば、自らの選択に自信を持って行動できます。

 

具体的な行動プラン

お金の計算、計画をしてばかりでは見えてこないこともあるのは確かです。

ある程度の目処が立てば、行動を起こすのは大切です。

私も、貯金の確認と、退職後に入ってくるお金の計算をした後は、すぐに学校探しと次の職場探しを開始しました。

計画はあくまで計画ですので、行動して現実を見なければ具体的な計画も立てられません。

じゃあ結局何からすればいいんだよ!

と言われそうですが、つまりは、

1、将来やりたいことを見つめて計画し
2、その為に必要な行動を開始し
3、計画と現実との差を埋められるかをもう一度確認する
と言うことです。

生活のこと・家族のこと

30代40代といば家族を持っておられる方もおられると思います。

やはり家族の応援が得られなければ、折角の決断も続けることは難しくなります。

家族の同意・理解は何よりも優先して得るようにしましょう。

ある日帰宅して「仕事辞めてきた」は一番してはいけないことです。

転職・退職前にすべきこと

信頼・信用できる家族以外の第三者に相談する

家族の同意を得ることは大切と上記で述べました。

しかし家族はあなたの味方であるが故に、転職・退職について客観的な視点で見られない可能性があります。

あなたが信頼できる第三者に相談しましょう。

できれば同じ職場であなたよりも先に転職・退職した人と連絡をとり、辞めた後の率直な意見を聞けると大変参考になると思います。

私の場合は、お世話になった警察署の柔道の先生が事業を始める為に退職しました。

その先生と連絡を取って、相談に乗っていただきました。

あなたを客観的な視点で見てくれて、かつ信頼できる人の意見はとても参考になります。

転職キャリアサイトを利用する


あなたが希望する職種の求人状況を知ることは大切です。

頭の中でシミュレーションするだけでは得られない情報は沢山あります。

現実を知るのは怖いですが、しっかりとしたサイト等で求人情報を収集しましょう。

あなたの希望する職種は年齢制限を設けていませんか?未経験でも採用はありますか?

夢を見る為には、まずは現実を直視しなければなりません。

希望業種で働いている人から話を聞く

実際に希望職種の現場で働いている人からも話を聞ければなお良しです。

私の場合は、色々な鍼灸院、接骨院、整形外科に治療と称して通っては、話を聞きました。

皆さん「警察を辞めてまでするの!?」

と驚かれましたが、皆さん親身に話を聞いて、最後には「色々な仕事から転職してこられる方がいるんで、頑張れば大丈夫です」と言ってもらいました。

やはり現場の生の声というのは、非常に参考になります。

また、Twitter等を利用すれば、持っと広く情報を収集することができます。

楽な道に逃れない

SNS等が広く利用されるようになり、様々な情報が手に入るようになりました。

色々な働き方があることを知り、転職・退職したいという気持ちが湧くのもわかります。

しかし、一つの会社で長く務めることは悪ではありません。

ただ、自分の可能性に挑戦したいという気持ちもわかります。

その為には、あなたの家族を絶対に疎かにしてはいけません。

しっかりと家族と相談し、共に進める道を模索しましょう。

おわりに

どうだったでしょうか?

転職・退職は生活が一変するくらいの大きなイベントです。

後悔先に立たずです。

決して後悔しないよう、熟考に熟考を重ねて、ベストな答えを選択しましょう!

では、また次回お会いしましょう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最新情報をチェックしよう!