アラフォーだけど人生まだまだ挑戦していくよ!「レビュざえもん」で検索してネ!

警察官から異業種への転職。警察官(公務員)は潰しが効かないなんて信用するな!

私は現在40歳で、警察官を退職したのは先月です。

詳しくはこちらを読んでみてください。

reviewzaemon's blog

以前はてなブログで記事を投稿していた時に少し触れたのですが、私が公務員を辞めて鍼灸の道へ進む事をきめ […]…

警察官や他の公務員の方で、「今の職場が辛い」「転職したいけど、公務員は潰しが効かないと言われて、転職できるか不安だ

という方は、是非一度この記事を読んでください。

はっきり言って、公務員は潰しが効かないなんてそんなことは全くありません!

警察官(公務員)は潰しが効かないのカラクリ

騙されてはいけない!その言葉を発している本人は転職経験なんかない!

警察官(公務員)になった時、上司から必ず

「公務員は潰しが効かないから、辞めるようなことは絶対にするな」
「辞めなければ、平均以上の給料はもらえる」
と言われているはずです。
そして、不祥事があったり、朝礼など事あるごとに同じことをそれこそ耳にタコができるくらい言われているはずです。
果たしてそうでしょうか?
決してそんなことはありません!
私は二月に退職して今月にはもう鍼灸整骨院併設のマッサージ店で働くことが決まっています。
私は四月から鍼灸師になる為学校に通いますので、授業時間と重複しない範囲で働ける仕事を探していました。
求人サイトで検索して面接を受け、即決で採用してもらいました。
全くの異業種ですし、これまでこの業界での勤務歴もありません。
確かに、警察官時代より収入は下がります。
しかし、警察官時代にはなかった心のゆとりと、家族と過ごす時間を得ることができました。
では、耳にタコができるくらい言われていた「公務員は潰しが効かない」とはなんなのでしょうか?
コレは
組織に従属させるための呪い
です。
公務員は潰しが効かない辞めると次はない仕事がなければ露頭に迷うしかない辞めたくなければ従え。
という流れです。
上司も自分が言われたことをおうむ返しであなたに言っているだけで、転職経験などないのです。

警察官(公務員)が時代遅れと言われているわけ

他の公務員はわかりませんが、警察官は、SNSの利用は禁止です。

LINEは普及が激しく、流石にそこまで厳しく制限されていませんが、Twitter、インスタ、フェイスブック、 note、ブログ等々一切禁止です。

不定期で携帯チェックがあり、上司に自分のスマホを差し出して、中身をチェックされるのです。

少し前まで自宅パソコン内ソフト(ファイル)を定期的に報告する義務もあったくらいです。

今の時代考えられますか!?当然拒否などできません。警察には労働組合がないので、異を唱える存在がいないのです。

こういったことが平然と行われ、若い人たちも違和感を覚えながらも、従っているのが現状です。
コレも全て「潰しが効かない」の呪いです。
SNSを封じられているので、警察官は世間の情報にかなり疎くなります。
一応収入は安定していますので、求人情報など見たこともない人がほとんどで、現在の日本の求人状況を知りません。

再就職はできる!身を削ってまでガマンしなくていい!

過酷な労働環境を知ってほしい

公務員というのは、世間から思われているイメージとは真逆で、かなり過酷な労働環境です。
人の嫌な面ばかりを見る仕事です。
警察などは特にそうで、毎年自殺者の話を聞きます。
「○○さん、本部のトイレで首吊ってたらしいよ」「○○主任ウツになって休職してるらしい」と言った会話を何度聞いたことか。
警察官を辞めたい、公務員を辞めたいと考えておられるなら、安心してください。
必ず再就職できます!

おすすめ転職サイト

1つ目はコチラ
↑ここは無料で相談に乗ってくれるうえ、初めての転職のためのトレーニングをしてくれます。
転職経験どころか、転職すること想像したこともなかった警察官(公務員)にはありがたい存在だと思います。
二つ目はコチラ
↑ここは、有料ではありますが、オンライン匿名で相談に乗ってくれます。
公務員の立場で転職をしようというのは、なかなか人に相談できません。
「安定してるじゃん!」「もったいないよ!」と言われるのがオチだからです。
しかし、しっかりとあなたの声を聞いて相談に乗ってくれる存在は、お金に変えられないものです。
誰かに話を聞いてもらうだけでも、心はかなり落ち着きます
三つ目はコチラ
↑ここは関東圏のみの展開となりますが、体育会系の人材の転職を強みとしている会社です。
警察官には様々な競技のエリートが採用されていますので、このサイトで相談してみれば、良いアドバイスをもらえるでしょう。

おわりに

どうだったでしょうか?
「警察官(公務員)は潰しが効かない」なんていう時代はすでに過去のものです。
今は多様性の時代です。
命を削ってまで公務員という立場を守る必要はありません。
あなたのこれまでの警察官(公務員)としての経験に価値を見出してくれる会社はたくさんあります。
ですから、決して一人で悩まず、行動してみてください。
未来は必ず開かれています。
ただ、転職・退職する際は計画的に。突然帰ってきて「仕事辞めたから」はダメですよ!
最新情報をチェックしよう!