アラフォーだけど人生まだまだ挑戦していくよ!「レビュざえもん」で検索してネ!

女性は絶対知っておいて欲しい防犯対策!(夜間外出編)

今日は女性に是非知っておいて欲しい防犯対策について記事にしていこうと思います。

最初は、「女性が夜間外出する際に気をつけて欲しい」特集からご紹介します。

男性の方も、奥さま、娘さん等にこれを読んで教えてあげてくださいね!

それではいきましょう!LET’S GO!

夜間の一人での外出中に気をつけて欲しいこと

夜道を歩く時は携帯電話の画面を見てはいけない

まずはコレです。

わかりますよ、歩いている間に「友達に返事しなきゃ」とか「ちょっと調べものしよう」とか。

でもコレ本当に危ないんです。

ナニが危ないのか具体的に言うと

  • 周りの状況が把握できない
  • 明るい画面を見た後だと、夜の暗さに目がなじまず見えな

の2点です。

まず、周りの状況が把握できないですが、携帯画面を注視していると、意識が携帯電話に向いてしまい、周りに意識を向けることができません。

痴漢などの犯人は、後述しますが、駅やコンビニでターゲットとなる女性を物色しています。

そしてターゲットを見つけると、しばらく後を追いかけて、人通りが少なくなったところで犯行を行うケースがほとんどです。

取り調べた被疑者は「女性が携帯電話を見ながら歩いていた場合、全く周りを警戒していないので、犯行がしやすい」と言っています。

被疑者は犯行前は、極度の緊張状態にあるそうです。

そのため、女性が周りを警戒する素振りを見せると「リスクが高過ぎる」と判断してあきらめることが多いようです。

次は、明るい画面を見た後だと、夜の暗さに目がなじまず見えないと言うことです。

中には「携帯見てるけど、時々振り返ったりしてるよ!」と言う方もおられます。

しかし。。。見えていますか!?

夜の暗い空間で明るいスマートフォンの画面を見た後、画面から顔をあげて周りを見ても、なかなかよく見えませんよね?

これは暗順応明順応と言われるものです。

暗いトンネルを走っていて突然トンネルから出ると、眩しくて周りがしばらく見えないアレです。

夜道スマホを見ていて、突然誰かに声をかけられて振り返った。しかし顔がよく見えないので一瞬動きが止まってしまった

そこを狙われてしまうのです!

退屈だから、友達に早く返信しないと迷惑かけるから、等々色々な理由はあると思いますが、一番大切なのはあなた自身です!!

目的地に着くまでのしばらくの時間くらい、返信が遅くなってもどうってことはありません。

もう一度言います。一番大切なのはあなた自身です!!

音楽を聴きながら歩くのは危険

音楽を聴きながら歩いている方は本当に多いんですが、夜道を一人で歩いている時はガマンしましょう。

理由はカンタン。周りの音が聞こえないからです。

後ろから原付がついて来ていたり、自転車がずっと後を追って来ていたりしても、全く気づくことができないんです。

最近はめっきり減りましたが、数年前ひったくりが多発していたころ、被害者の方は「後ろから突然原付にカバンを引ったくられた!」と言われることが多かったです。私が「後ろから追いかけられたりしませんでしたか?」と聞くと、「音楽聴いていたから、全く気づかなかった」とおっしゃいます。

その後防犯カメラで確認すると、犯行のかなり前から被害者を物色するように、原付で女性の後ろを追いかけている映像が残っていたのです。

つまり、犯人も女性を見つけてすぐに犯行に移る訳ではなく、「抵抗されないか、気づかれていないか」など、かなり念入りに物色しているのです。

ですから、後ろからずっとバイクのエンジン音や人の足音が聞こえていれば、振り返って確認するだけでも全然違います。つまり、警戒心を持っている女性への犯行は諦めることがほとんどなのです。

夜間の一人歩き中は小まめに後ろを振り返ろう

これは上記に通ずるものがあります。

夜道で小まめに振り返ることで、「私は油断していない!お前に気づいているぞ!」とアピールするのです。

自信過剰な人に勘違いされそう。。。

と思うかもしれませんが、何度でも言います。一番大切なのはあなた自身です!

そんな誰に思われているかもしれない心配は無用です。

路上駐車している車の横はなるべく通らないようにしよう

最近は路上駐車が減ったので、余計に路上駐車している車には気をつけましょう。

ミニバンなどの車は特に注意が必要です。

車のすぐ横を通ると、突然ドアが開いて引きずり込まれることがあるかもしれません。

「そんなの道を歩けないよ!」

と言われるならば、せめて、エンジンのかかったまま路上駐車している車の横は避けましょう。

「そんな過敏にならなくてもいいんじゃないの?そんな非現実的なこと起こらないよ」

という意見もあるかもしれません。

しかし。。。

犯罪自体が非現実的な行為なのです!!

少しの注意であなたの日常は守ることができます。

少しの注意でいいんです。心に留めておくだけでも、全く知らないより全然効果は違います!!

満月の日は危険!早く帰宅するようにしよう

これは少し余談になります。

正確な統計を取った訳でも、何らかのエビデンスに基づいたものでもありませんが、私の経験上自信を持って言えます。

満月の日は泥酔者やケンカなどの粗暴事案が激増します。

月の影響で人間の欲望の一部が抑制できなくなるから、かもしれません。

とにかく、満月の日は危険、とだけ覚えておいてください。

誰でもすぐに取れる対策!

明るい道、人通りの多い道を選んで歩こう

犯人は駅の近くのコンビニなどで、相手を物色していることが多いです。

そして、ターゲットを見つけると、しばらく後をつけて様子を見るのです。

明るく人目につきやすい道を選んで、犯人に犯行の隙を与えないようにしていれば、犯人も犯行を諦めます。

もちろんこれらは、上で書いた注意を守ったうえでの話ですよ!!

自宅近くが一番危険!
自宅が近くなれば、緊張感を高めて周りを警戒しよう

少し怖い話になりますが、チカンや強制わいせつなどの犯行は、自宅近くで行われることが多いのです。

これは、人は自宅の近くに来ると安心して警戒心を解いてしますからと言われています。

自宅まで周りを警戒しながら来たが、自宅に到着して玄関の鍵を開けた途端、自宅に押し込まれて犯行された、という痛ましい事件もあります。

マンションエントランに入る前、エレベーターに乗る前、玄関を開ける前にそれぞれ周りを警戒しましょう。

その際、何かあればすぐに大声を出せる意識を持っておくことが大切です。

護身術を習うよりも、防犯ブザーを持とう

最後はコレです。

様々な護身術、護身方法が紹介されていますが、あまりオススメしません。

女性に対する犯罪を行う男は、女性を軽視している傾向にあります。

そして、自分が物色して「コレはいける」と判断した女性に反撃されれば、犯人は逆上します。

非常に身勝手なことですが、こんな卑劣な奴に身体を触れられるだけで嫌でしょう?

不審者、(自分がこいつは変だと思った男)が近づいてくれば、大声を出して叫んでください。

早ければ早いほど良いです。

突然何かされると、恐怖のあまり声が出なくなるからです。

声を出すのが苦手、恥ずかしいという方は、可愛い防犯ブザーも販売されていますので活用してみてください。

終わりに

どうだったでしょうか?

少しの注意で、毎日の平穏を守れる確率はグッと上がります。

小さなお子様がおられる方は、子供さんにも教えてあげてください。

読んでいただきありがとございました!

また次回お会いしましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキングに参加しています。ポチっていただけると励みになります。

最新情報をチェックしよう!